JavaScript が有効になっている必要があります。このブラウザでは、JavaScript が無効になっているか、サポートされていないようです。標準 HTML 形式を使用するには、ブラウザのオプションを変更して JavaScript を有効にし、もう一度お試しください。

TEL.0242-36-7330

ホーム

廃プラスチックはゴミじゃない。

資源に変えよう。

PLASTIC RECYCLE

scroll

プラスチックに関してこんなお悩みはありませんか?

該当する事項があれば是非お問い合わせ下さい。

プラスチック類が毎月コンスタントに排出される。

新規商材を扱うにあたりプラスチック類が排出される。

売却(有価取引)していたが単価が下落した。

売却(有価取引)から産業廃棄物処理(処分費支払)へシフトしてしまった。

産業廃棄物処理単価がどんどん上がってきた。

引取り業者が来なくなってしまった。

産業廃棄物の排出量を減らしたい。

いろいろな企業の話を聞いてみたい。

私たちは廃プラスチックの資源リサイクル事業を展開しております。

廃プラスチックはお客様側(排出事業者様)でひと手間をかけることで「産業廃棄物」として処理費用を支払っているものが「資源物」となり、リサイクル可能な商品に生まれ変わることが多くございます。そのために機械の購入が必要な場合は、弊社でサポートいたします。

限りある資源を『マイナスからプラスに』

私たちは皆さんと一緒に考えて、そのお手伝いを精一杯させていただきたいのです。

相談だけでも結構です。お気軽にお問い合わせください。

スタッフの手配から買い取りまで

機械の購入が必要な場合の行政に対する設置申請をはじめ、機械のメンテナンス・スタッフの手配、最後に資源に生まれまわったリサイクル品の買取までを弊社で一貫してサポートいたします!

『廃プラスチックの処分に困っている。』

理由はこれだけで十分です。廃棄物処理に関する知識や経験はいりません。

あとは弊社へお任せください!!

過去事例

A社(年間)

産業廃棄物排出量

72t

処分費用

1,150万円

どちらも

廃棄物ゼロ!

B社(年間)

産業廃棄物排出量

60t

処分費用

360万円

産業廃棄物排出量

4t

処分費用

24万円

90%の削減に成功!

どうする?廃プラスチック

日本は世界的な廃プラスチック輸出大国であり、主な輸出先は中国でありました。

しかし、2017年に中国が主に生活由来の廃プラスチックの輸入禁止(ナショナルソード)を実施。その後、東南アジアや台湾への輸出に切り替えた日本でしたが、これらの国・地域も次々に輸入規制をかけました。

このため、日本として新たな輸出先を探すことも必要ですが、国内て廃出されたものを、国内で処理すべき局面を迎えています。

廃プラスチックを取り巻く環境が変化する中、地球環境も踏まえ処理方法を見直す必要があります。今後一層、排出事業者様の責任も重要になってくるでしょう。

弊社は、この問題をお客様と一緒に考え行動し、廃棄物のリサイクルをお手伝いさせていただいております。

マンガでご紹介

画像をクリック!リサイクルシステムをマンガで紹介しております。

HPから問い合わせる

最短1分で入力可能!

電話で問い合わせる

土日除く:8:00~17:00

ご相談につきましては、お電話・ご来社・ご訪問いずれも無料で承ります。

お電話でお問い合わせ(8-17時:土日除く)

TEL.0242-36-7330

最短1分で入力可能!

メールで問い合わせる

国内でリサイクル可能な主なプラスチック

プラスチックには、熱を加えると溶けるものや固まるものなど様々な種類があります。溶けるものはおおよそリサイクル可能です。

ポリプロピレン(PP)
自動車部品、キャップ、トレイ、コンテナ、パレット、植木鉢、バケツ
ポリスチレン(PS)
CDケース、お菓子のトレー、定規、梱包緩衝材、魚箱、カップ麺の容器
ポリカーボネート(PC)
DVD・CDディスク、携帯電話ハウジング、車のヘッドランプレンズ、カメラ
ポリエチレン(PE)
包装材、電線被覆(架橋PE)、バケツ、灯油タンク、コンテナ、パイプ、公園遊具
3元重合体樹脂(ABS)
OA機器、自動車内外装、ゲーム機、ヘルメット、電気製品(エアコン、冷蔵庫)、旅行のキャリーケース
メタクリル樹脂(PMMA)
水槽の側、商品ケース、フォトフレーム、ハードコンタクトレンズ、スキーのゴンドラ(窓など)
ポリアミド(PA)
自動車部品(吸気管、ラジエタータンク、冷却ファン)、食品フィルム、漁網、パンスト、バトミントンの羽根

弊社におまかせください。

よくある質問(FAQ)

  • どのようなプラスチックが買取可能ですか?

    PE、PP、PS、PPS、ABS、PA、PCなど

  • 排出するときの注意点は?

    グレード・色・種類を別々にし、袋などに記載。

    ※異樹脂が入ったものは買取不可となります。

  • 買取価格は?

    現相場・排出量・樹脂別・グレード・色・荷姿によって異なりますので即答は不可となります。

  • 引取りしてくれますか?

    基本的に可能ですが、条件がございますので要相談となります。

  • 持ち込みできますか?

    可能です。事前にご連絡をお願いいたします。

  • 現場確認してもらえますか?

    可能です。日程を調整してお伺いさせていただきます。

プラスチックを救おう

わたしたちの暮らしを支えるプラスチックは、年間約1,067t生産されており 排出量も年間約891tと増加傾向にあります。

しかし全体の約16%が廃棄物として処理され有効利用(リサイクル)されておらず、単純焼却や埋め立てによって処理されています。

近年話題となっている海洋プラスチックごみ問題もわたしたち地球人の課題となっています。プラスチックのリサイクルにはまだまだ伸びしろを含んでいます。

(出展:一般社団法人 プラスチック循環利用協会 2018年推計)

お問い合わせ・ご相談

24時間受付中!! 入力項目はたったの3つ!当日及び翌営業日には必ずお返事します!

プライバシーポリシーに同意の上、送信下さいますようお願いします。携帯電話のアドレスを入力される場合は、ドメイン「amarc-plastic.com」から送られるメールを「受信許可」に設定してください。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

荒川産業に問い合わせ
お問い合わせいただきました内容は、弊社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。詳細につきましては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご参照ください。